「風と共にゆとりぬ」(著:朝井リョウ)面白すぎ!ただ笑えるだけの読書の贅沢さ【感想、口コミ】

 

 

 

 

朝井リョウさんの最新エッセイ集、読み終わりました~!

もう、ほんっとにおもしろかった。

早く読み進めたいけど!読み終わるのはもったいないし寂しい!

という矛盾した気持ちを抱えながら、隙間時間をほぼこの本に費やして読み終えました。

 

 

売れ行き好調なようでなにより!

増刷めでたい!!

私は発売日に大型書店に買いに行ったのですが、売り切れで売場に出ていなかったからストッカーから取り出してレジに持って行ってしまいましたよ(元書店員だからなせるわざ)

 

 

本の概要

 

文学全集のような重厚感あふれる装丁をしているエッセイ集。

内容は、その装丁からは想像できないほどくだらなく、めっちゃくちゃ面白い。

 

三部構成。 

 

第一部 日常

別冊文藝春秋に掲載されたエッセイをまとめたもの。

書下ろしもあり。

1つのエピソードのボリュームがかなりある。

内容は、会社員時代のこと、学生時代のアルバイトのこと、家族旅行のことなど多岐に渡る。

 

第二部 プロムナード

日本経済新聞の連載をまとめたもの。

 

透明感のあるかっちりした文章で、よそいきの朝井さんという感じ。

第一部がくだけていて面白すぎたので、媒体によって書き分けられるってところを存分に見せつけられた(!?)

 

第三部 肛門記

痔の一種の「痔瘻(じろう)」になって手術、入院したときのことが綴られている。

面白おかしくまとめているけれど、会社員との兼業時代の無理が祟ったのではないかと母のように心配してしまった。

私は盲腸で手術、入院したことがあるので気持ちわかるなぁ、と思うことが多かった。

 

感想など

 

「変!」の限界点を超えていくものが好きです。

たとえば現代アート

なぜ、こうしようと思ったの?これは何を表現してるの?なんでこんなこと思いつくの…

と、自分の想像の範疇を超えるものに出会うとわくわくしてしまうんです。

世の中にはいろんな考えの人がいるんだなーと途方に暮れる感覚が好きです。

 

それに似た感覚が、この「風と共にゆとりぬ」にはありました。

なんでこんなに面白いことばかり起こるんだろう、と疑問に思うほど面白いことが朝井さんの周りにはたくさん転がっているし、発想が斜め上を行き過ぎている。

特に第一章の「大好きな人への贈り物」のオクラのエピソードは驚愕もので、読んでてふきだしました。

その発想はなかった!!と。

恐さすら感じるほど発想が豊かでした。

エッセイ集に現代アート的な驚きがあるとは思いもよりませんでした。

 

大人になっても全力でくだらないこと、おもしろいことができるっていいですね!

年齢重ねると「まともにならなければ」と思うことが増えるじゃないですか。

でも時には、心を許せる人とならくだらないことやったっていいですよね。

学生時代はたくさんあったくだらないこと。

大人になればなるほど、遠ざかっていたんだなーと気づかされました。

 

 

おわりに

 

朝井さんのエピソードを物語的にまとめる力がすごいことはもちろん、朝井さんのハプニングを引き寄せる体質にも驚きでした。

自分はなんて平らな、穏やかな、悪く言えば面白みに欠ける日々を送っているんだろう、って思いましたね…

で、なんか面白いことおきないかなーと考えていたら、先週の土曜日、

「代々木ビレッジでお洒落な音楽聴きながらディナーの予定のはずが、中野駅のトイレで泥酔して吐いてる夫のためにユニクロでTシャツを買ってから迎えに行く」

ということが起こりました。

こんなハプニング久々。

引き寄せの法則って本当だわ。

 

いやはや。それにしても朝井さんにはたくさん笑わせてもらいました。

前作のエッセイ集「時をかけるゆとり」が面白かったので今回も期待して発売日に即購入しましたが、期待を上回る面白さでした。

 

最近笑ってないな~笑いが欲しいな~という人におすすめです。

この本の帯にあるように「読んで得るもの特にナシ!」

でも、ただ面白いなぁ笑えるなぁという時間は最高に贅沢だと思いますよ!

効率的にばかり生きててもつまらない。

たまにはくだらないことに全力になって、ただただ面白い時間を過ごして豊かに生きよーっていう気持ちになりました。

 

 

2017年上半期の個人的ベスト本!

 

 

早いもので今日が2017年上半期最後の日です。

この半年で50冊ぐらい本を読んだので、その中のベストをジャンル別に発表します。

 

 

 

小説部門

 

騎士団長殺し

著:村上春樹

 

 

私にとって、この上半期の一大イベントといえば村上春樹の新刊発売。

村上春樹と同じ時代を生き、原文の日本語で読めたことが本当に嬉しいです。

かつての自分、国語や世界史や音楽の勉強をしていてよかったねと思いました。(歴史的な出来事が物語に絡んでくることが多かったので予備知識があると読みやすい)

 

やっぱり村上春樹の小説はすごい。

複雑な内容を描いているのに文章は淀みなく美しく流れていくし、

登場人物たちの生きている世界観そのものにわくわくする。

出てくる人みんなに興味をそそられる。

人物像を浮かび上がらせるための段階的な描写が読んでいて心地よい。今回は免色さんが特に。ヴェールが徐々に透明になっていくような感覚でした。

文章でしか表現できない世界だと思います。

読んでいて圧倒的だと思う小説はみな、文字でしかできない表現がある。シナリオとしての小説ではなくて。

 

読んでる時間、幸せだったなあ・・・

 

それにしても謎がほとんど回収されずに第2部が終わったので、来年あたりに第3部が出ることを期待してしまいます。

 

 

エッセイ部門

 

家族最後の日 

著:植本一子

 

 

写真家の植本一子さんによる日記。

 淡々と描かれているけれど、実母との絶縁、義弟の自殺、夫の癌など、ものすごく濃密で壮絶な家族の記録です。

「家族最後の日」という本書のタイトルが秀逸だなあと思いました。

三章すべて読み終わったとき、この三章すべてをこれほど端的にまとめる言葉はあるだろうか、と驚きました。

 

 

この本については賛否両論いろいろな意見があるようです。

否定的な意見が出てしまうのも、わからなくはない。

でも、読み進めていくと、飾らず、かっこつけずに事実や感情を赤裸々に書き記している作者に、表現者としての覚悟に、尊敬の気持ちがふつふつとわき上がってきました。

 

この本の中では作者の気持ちが、かなり率直に表現されているように感じ、全く知らない他人の日記が興味深く、一冊まるごと飽きることなく読了しました。

見栄を張って生きる人が多い世の中で、他人の生々しい気持ちに対面するのはなかなかないことだと思います。

 

だんだん作者のワールドに引き込まれていくと、作者を勝手に裁いていた自分は、何をもってそれらをダメだと思っていたんだろうと疑問に思うようになりました。
正しい家族のあり方とは。
正しい妻とは、夫とは。
それらは勝手に自分が作り上げた理想像であり、
法律で生きる指針が決まっているわけでもないのになぜか勝手にダメ出ししている。
本当はみんなこんな風に自由に生きたいのかもしれない。
結婚しても、子供が居ても、自分の仕事を持ち自由に動き回るような生活。
したいけどできない(と思っている)から、作者を批判したくなってしまうのかもしれない。

 

話題の本だったので期待値が高かったのですが、その期待を裏切ることなく、更にその上をいく、読み応えのある日記文学でした。

 

 

 

実用書部門

 

フィット・フォー・ライフ

著:ハーヴィー・ダイアモンド、マリリン・ダイアモンド

翻訳:松田麻美子

 

 

読んでて驚くことが本当に多かったです。

こちらの記事に感想など書いてあります↓ 

 

monaca103.hatenablog.com

 

 

 

2017年上半期の読書について思うこと

 

この半年は、美容や健康、心理学などの実用書を読むことが多かったです。

知識がかなり増えたという面では満足。

ですが!下半期は小説やエッセイなど娯楽のための読書ももっと増やしていきたいなと思いました。

素晴らしい本に出会えますように!

 

 

 

「小顔のしくみ」(著:南雅子)のストレッチは肩こりに即効!小顔も目指せそう!?【感想、口コミ】

 

 

 

ものすごい本を見つけました…!

 

 

概要

 

エステサロンを主宰する著者が、小顔の仕組みや小顔になるためのエクササイズを丁寧に解説している本です。

本の終盤には、著者のエステに通っていた方のビフォーアフター写真があり、あまりの変貌っぷりに衝撃を受けます。

頭の形って、ほんとに変わるんですね。

 

猫背、エラ、胴長、肌荒れなどにも言及あり。

小顔を目指すと、付随して色々な悩みも解決しそうです。

 

 

感想など

 

なぜ顏が大きくなってしまうのか?という疑問が、この本を読むとすっきりわかります。

しかも、顏の大きさは大人になってからでも改善できるとのこと。

筋肉や体全体のことも含めてかなり専門的に解説されているので説得力がありました。

 

一番、買ってよかった!と思ったのはやはり、

この本に載っているエクササイズの効き目がすごい、という点に尽きます。

まだ始めて2日なので、もうすっかり小顔!という訳ではないんですが、

エクササイズをして肩こり、首こりがラクになりました。

肩周りがぽかぽかしてとても気持ちがいいです。

今まで色々なストレッチを試してきたけれど、ここまで効いてる!続けたい!と思ったのは、正直初めてです。

デスクワークでごりごりになった背中に悩んでいた夫も、この本のストレッチは効いたようでとても喜んでいました。

 

ストレッチの直後は、顏がすっきりした感じもあります。

鏡で自分の顏を見て、「あれ!?頬のお肉が減ってる?」と思いました。

継続して体が変わってくれば、小顔効果もちゃんとあるのでは、と期待しています。

 

私はkindle版を購入しました。

ストレッチやりながらだと、kindle版は本を手でおさえなくてもいいし、使いやすいなーと思いました。

衝動的にポチりましたが、良い買い物でした!

 エステに通うことを考えれば、本は、こんなに情報が入ってこの値段でいいの!?という感じです。

 

朝晩、エクササイズ続けて小顔目指すぞー!

 

 

 

 

立川の「楽観」は女子ウケするラーメン屋だと思う

 

 

f:id:monaca103:20170624224637j:image

 

 

東京・立川の「楽観」というラーメン屋さんに行ってきました。

元々は西麻布にあったお店らしいです(最初の女子ウケポイント)

 

立川駅の北口を出て、右へ進みエクセルシオールの前の階段を降りて地上へ。

そのまま真っ直ぐ5分くらい進むとかなり年季の入ったカプセルホテルのビルがあって、そのビルの1階に楽観があります。

レトロすぎるカプセルホテルの外観からは、中にラーメン屋があるようには全く見えませんでしたが、ちゃんとお店は存在し、普通に営業していたのでご安心を。

カプセルホテルを目の当たりにした瞬間は、ほんとにここ?ってかなり不安になりますよw

 

店内は、良い意味でラーメン屋っぽくなかったです。

ラーメン屋ってだいたいカウンターが中心で、あとテーブル席が少しある、という形が一般的かと思いますが、楽観は2人がけのテーブル席が中心でした。

席数は全部で20くらい。

座席の配置が広々としていて、ラーメン屋特有のぎゅっとした熱気や男気がなくてすっきりしているなーと思いました。

お一人様でも、夫婦、カップル、友達同士でも、割とのんびり食べてもよさそうな雰囲気。

カウンターのラーメン屋だと「早く食べなきゃ!」感がかなりありますよね。

 

店内中央には、おしぼり、紙の前かけ、ヘアゴムなどが置いてあり、女性としては嬉しい気遣いでした。

あとトイレが広くて、可愛い装飾があったりして、そこも良かったです。

女性目線で作られたお店、という印象がありました。

 

肝心のラーメンも美味しかった!

パールという塩味のラーメンを食べました。

あっつあつのスープはオリーブオイルが効いてて、玉ねぎが浮かんでて、味はさっぱり系。塩が濃すぎることもなく、どんどん飲めるスープ。

チャーシューは脂身が少なめ。

食べててこれほど罪悪感がないラーメンというのも珍しいなあと思いました。

ラーメンだけどヨーロッパの香りもするような、洋風なラーメンでした。

 

お店を出るとき、ラーメン屋から出て来た実感がなかったです。

カフェに入って、でも食べたものはラーメンだった、という認識に近いというか。

最近はこういうお店も多いのかな?

とにかく、女性目線では嬉しい点が多いお店でした。

 

インビザライン矯正は魔法的にすごい。マウスピース歯列矯正のメリット、デメリットを本音で書きます。【口コミ、評判】

 

www.invisalign.co.jp

 

 

インビザライン歯列矯正を始めて約7ヵ月経ちました。

 

インビザラインは、透明のマウスピースを装着するタイプの歯列矯正です。

食事と歯磨きの時以外、1日21時間以上はマウスピースを装着する必要がありますが、それだけで歯が移動していくなんて、画期的ですよね。

 

マウスピースは、iTero(アイテロ)というハンディカムで歯の周りを撮影するだけで作製できます。

ピンクの、ねちゃーっとした物体を口に押し付けられて、かすかに身悶えながら歯型をとったりしなくていいんですよ。

これぞ21世紀の歯列矯正

技術の進歩に驚きまくりでした。

 

 f:id:monaca103:20170613220346j:image

f:id:monaca103:20170613220417j:image

 

左が矯正開始前の歯の状態で、右側が矯正後の理想の歯並びです。

合計20個のマウスピースがあるのですが、2週間ごとに交換していって、少しずつ理想の歯並びに近づけていきます。(マウスピースの個数、交換期間は人によって異なります)

現時点では16個目まで進みました。

最初の頃とは比べ物にならないほど綺麗な歯並びになっています。

 

私は歯並びがものすごくがたがた、という訳ではなかったのですが、前歯が1本前に出ているところ、噛み合わせが悪いところがずっと気になっていたので思い切って28歳のときに歯列矯正を始めました。

肩や首の凝り、頭痛などもあり、歯並びを直したらこれらの症状も治るかな?という期待もありました(実際、歯列矯正を進めているうちに改善されていきました)

 

歯列矯正って、お金がとてもかかることだし、失敗したり、痛くて生活に支障が出たら嫌だな~という、始める前の不安がかなりありますよね。

私は不安だったので、ネットで口コミなど相当調べました。

しかし、そんな不安とは裏腹に、いざ矯正が始まってみれば想像していたよりずっとラクだったし、インビザラインはなんて素晴らしい矯正方法なんだろう!もっと普及してほしい!と思いました。

今はまだ日本で一般的な矯正方法ではないようですが、これからどんどん広まっていくと信じています。

実際、インビザライン発祥の地のアメリカでは、インビザラインが最もポピュラーな矯正方法になっているようです。

 

インビザライン矯正を始めたいけれど、どうしようかなと悩んでいる人の背中を少しでも押せるように、記事にしようと思い立ちました。

良かったことはもちろん、面倒だったことも正直に書いていきます。

 

 

 

メリット、すごい!と思ったところ

 

1、最初の検査時のストレスがほとんどない

 

冒頭でも書きましたが、iTeroというハンディカムで撮影するだけで型取りが終わるので検査、型取りのストレスがほぼありません。

ただ、iTeroを導入している歯科医院は日本ではまだとても少ないそうです。20ぐらいとか…

 

ですが、iTeroのラクさ、正確さはすごいので、できればiTero導入医院がよいと思います。

iTeroを導入していないインビザライン矯正での検査、型取りは、どうやるのでしょうか…

 

 

2、最初の検査の時点で完成イメージが見られる

 

f:id:monaca103:20170613220346j:image

 

iTeroでスキャンした歯のデータは数分で画像に変換されます。

いまどきこんなことができるんですね!?

画像を見せられたとき、技術への驚きと、これからこんなに歯並びが綺麗になるんだ!という希望でとてもわくわくしました。

ゴール地点が見えていると、安心ですよね。

ちなみに、マウスピース5個目ではこんな感じの歯並び、という途中経過の画像も見られます。

 

 

3、矯正中の痛みがほとんどない

 

一番気になるのが「痛み」ではないでしょうか。

金属のワイヤー矯正は相当痛いと聞きます。

しかし、インビザライン矯正は、すごくつらくなるほどの痛みはありません。

 

多少痛いのがマウスピースを交換した初日~3日目ぐらい。

なので、大事な予定がある日はマウスピースの交換は避けるようにしていました。

痛いというよりは、歯が締めつけられてる、という感覚です。

1週間ぐらいすると締め付け感や違和感はすっかりなくなります。

 

交換したてだと、歯を動かしている分体力を消耗する感じもあるので、マウスピース交換初日はなるべく大人しく過ごすよう心掛けていました。

 

 

4、取り外しができるので、矯正中に虫歯になりにくい

 

ワイヤー矯正だと矯正器具が外せないので食べかすが器具にはさまって、そこから虫歯になりやすい、ということを聞きました。

インビザラインだとマウスピースを外せるので、歯磨きはバッチリできます。

 

 

5、目立たないので周囲の人に気づかれにくい

 

透明なマウスピースを上下にしていても、周囲の人には気づかれないことが多かったです。

「いま歯列矯正してて…」と事情を説明しても

「どこについてるの!?見えない!」と、よく驚かれました。

遠目からでは全くわからないと思います。

 

10個目のマウスピースから白い輪ゴムをマウスピースの切り込みにひっかけて出っ歯を矯正することになったのですが、それはさすがに気づかれました。

でもマウスピースだけなら、ほんとに目立たないです。 

 

 

6、歯を抜かずに矯正できる

 

私は奥歯に銀歯があったので、それを0.5ミリ小さい詰め物に変えることで歯間に隙間を作りました。

それでも足りない分は、歯をほんの少しだけ削りました。

人によりますが、歯を抜かなくても矯正できることもあるんだなーと驚きました。

 

 

7、期間が短い。私の場合は1年弱で矯正できる見込み

 

矯正は最低でも2年ぐらいかかるイメージがありましたが、

なんと10ヵ月でマウスピースの全ての行程が終えられる予定とのこと!

マウスピース矯正を始めるまでに、親知らずを抜いたり銀歯を小さめの詰め物に変えたりで2ヵ月ほどかかったので、ちょうど1年くらいですね。

想定していたよりずっと早く終わりそうで嬉しいかぎり!

 

 

デメリット、面倒なところ

 

1、慣れない頃は滑舌が悪くなる

 

薄いマウスピースとはいえ、口の中にモノが入っているので慣れないうちは舌足らずな喋り方になってしまいます。

でも矯正が進んで行くうちに慣れるのでそんなに深刻ではないです!

 

 

2、食べ物が歯間によく挟まる=食後の歯磨き、フロスは必須

 

矯正中は歯間がすかすかになっているところが多くあるので、とにかくよく食べ物が歯間に挟まります…

食べ物が挟まったままマウスピースをはめると痛かったり歯肉炎になったりするので、食後はしっかり歯のおそうじが必要になります。

これはかなり面倒…

ですが、「マウスピース外したら面倒」ということが頭にあると、間食しなくなってダイエット効果もあるし、カフェにふらっと行くこともなくなって節約にもなります!

 

 

3、「ちょっと食べ」ができない

 

インビザライン矯正中はデパ地下歩くのかなりつらいですよ。

なぜなら、試食ができないから…w

いまちょっと食べたい〜ってときに気軽に食べられないのはかなり不便ですね。

よし食事の時間!と思うとき以外は食べなくなるので。

お土産のお菓子を頂いたときにすぐ食べられなかったりする、なんてこともしばしば。

 

 

4、マウスピースを外すタイミングを考えながら生活することになる

 

外食するときには必ず洗面所に寄ってマウスピースを外す必要があります。

このタイミングを考えるのが、ちょっと面倒です。

大人数だと乾杯のタイミングなどもあるし。

あとあまり長い時間外していると歯が戻ってしまうので、マウスピースをつけるタイミングも考える必要があります。

だらだら飲食できないから、外食とか集まりに行くのが億劫になることもあるかも。

私はこの1年ぐらい、自分史上一番社交的でない気がする…!

 

 

5、噛み合わせが悪い期間がある

 

 矯正が終われば噛み合わせは良くなりますが、矯正中は噛み合わせが悪くなりがちです。

うまく力を入れて噛めなかったり、舌をよく噛んだり、口腔内での舌のおさまりが良くなくて舌が歯にあたって傷ついたり…いろいろありました。

でも終盤に差し掛かっているいまでは、こういったことは全然ありません!

やっとトンネルを抜けた感じ。

最初の3ヵ月ほどが、山場だと思います。

 

 

 インビザラインという魔法にかけられて

 

インビザラインは、面倒なことは多少あるけれど、負担が少なく歯列矯正ができる画期的な方法です。

いつのまにか綺麗になっていく歯並びを見て、魔法にでもかけられたんじゃないかと思うほどです。

 

歯並びをなおしてみて強く実感しているけれど、歯並びはほんとに、大事。

噛み合わせは胃腸に影響するし、出っ歯だと姿勢やフェイスラインにも良くない。

全身の健康やビジュアルに、歯並びは多大な影響を与えているんだなって思います。

 

もう20代後半だし、もっと若い時にやっていれば、という後悔は正直ありました。

でも、今からでも遅くない、だって過去がどうであっても、未来の自分が思い切り笑えている方が大事だもの、と思い決断しました。

本当に、何歳から始めても遅くないと思います。

 

歯並びがよくなってきて、これからまた新たに人生が始まるような、そんな気持ちです。

時間とお金をかける価値はありますよ。

インビザライン、本当におすすめです!!!

 

矯正治療をお考えなら
矯正歯科の口コミ・医院検索・情報提供サイト『e-矯正歯科.com』

 

 

DANTON(ダントン)のリュックが旅行に普段使いに大活躍な理由【評判・口コミ】

 f:id:monaca103:20170522145401j:image

 

海外旅行に行くためにDANTONのリュックを買ったのですが、

想像していた以上に使いやすくデザインも良かったのでレビューします。

リュック何にしようかな~と迷っている方には、全力でおすすめしたい商品です!

 

DANTON | BRAND | Bshop inc.(ビショップ)

 

私はBEAMSのお店で購入しました。

Amazonだと同じ価格で、1%のポイント還元がありお得です。

 

 

軽くて丈夫

 

重さは290g。

力に自信がない私でも、持った瞬間「軽っ!」という印象です。

持っていても、あまり持っている自覚がないレベルの軽さです。

 

重いバッグって、デザインが気に入っていても使い勝手が悪くて結局たんすの肥やしになってしまったりするんですよね…

普段使いのバッグなら、軽いのは本当に大事です。

生地は綿100%の日本製。

軽いけれど生地も丈夫です。

2か月ほど使っていますが、くたびれてきたな~とか、やぶけそう、ということは一切ありません。

 

グレーでも汚れは目立ちにくいです。

ネットに入れて洗濯機で洗うこともできました。

 

日々ヘビロテで使ってもOK。

タフで軽量な、マラソンランナーのようなリュックです。

 

 

たくさん入る!A4ファイルも楽々

 

f:id:monaca103:20170522145426j:image

 

すっきりと見えるシルエットだけど、収納力も抜群。

A4がすっぽり入るので、大事な書類がバッグからはみでちゃう、ということがありません。

ためしにゼクシィを入れてみたら余裕で入りました。

ゼクシィ2冊は入ると思います。

 

 

サイドポケットは水筒や折り畳み傘入れに

f:id:monaca103:20170522145450j:image

 

ファスナーなしのサイドポケットが左右についていて、これもめちゃ便利!

私は水筒、ペットボトル、折り畳み傘などを入れています。

水筒ってiPadと一緒にバッグに入れると中でカツカツ当たるんですが、それがすごく嫌なんですよね…

しかし、このサイドポケットがあればその心配もありません。

このサイドポケットのおかげで、ストレスが大幅に軽減されました。

 

 

フロントのミニポケットはSuica入れに

f:id:monaca103:20170522145503j:image

 

フロントには、Suicaやポケットティッシュがすっぽり入るサイズのスナップボタン付きのポケットがあります。

ここにSuicaを入れる、と決めておけば改札出る直前に焦りながら定期入れを探す、なんてこともなくなります。

 

 

手提げとしても

f:id:monaca103:20170522145511j:image

 

1つ手提げがついているリュックはよくあるけれど、

2つ手提げがついているものはなかなかないと思います。

2つあると、リュック感薄めで手提げバッグとしても持つことができます。

電車の乗り換えの時、飛行機の搭乗を待っている時間、お買いものでレジを待っている時間…

ちょっとSuicaや財布をリュックから取り出して、またすぐしまうので背負いなおすほどでもないなという瞬間って結構あります。

そんなときにナチュラルに手提げバッグに変身してくれるので、便利です。

手提げをひとつにまとめるボタンに赤のロゴが入っていてカワイイ。

 

細めの肩紐がカワイイし使いやすい

f:id:monaca103:20170522145526j:image

 

リュックの印象を大きく左右するもの・・・それは肩紐。

人を正面から見たときにはリュックは肩紐しか見えないので、肩紐は地味なようでとても重要なパーツです。

 

リュックの肩紐って一般的にはもっとしっかりした太さで、クッションが入っていたりするじゃないですか。

それがあると肩紐が体に食い込むことを防いで重さも分散させて、ってことだと思うのですが。

このDANTONの細い肩紐でも、食い込んで痛い…ってことは全然、まったくなかったです。

むしろこの華奢な肩紐がこのリュックのかわいい所以。

これががっしり肩紐だったらかなり印象違うと思います。 

 

購入するときに「肩紐細いけど、大丈夫なのか…?」と心配になりましたが、

実際何の問題もありませんでした。

本格的な登山をする人、教科書などいーっぱい詰め込む人にはこのリュックは適さないと思います。

でも、普段のおでかけ、旅行に行くとき、などのシチュエーションでは、どんなにモノを入れようとこの肩紐が不利になることはなかったです。

 

BEAMSの店員さんは「肩紐が細い方が汗がしみこまないので夏でも快適に使えます!」とおっしゃっていました。

たしかにそれもあります。暑い時期こそ細い肩紐が活躍します!

 

 

おわりに

 

機能的だしデザインも良い。

本当に良い買い物をしたなぁ、ちょっと高めだけど妥協しなくてよかったなぁと思っています。

 

 

通学、ママバッグ、旅行などの用途で大活躍すること間違いなし!

ひとつあると何かと重宝するリュックです。

 

 

 

 

ハワイの老舗ホテル、モアナサーフライダーウェスティンリゾート&スパのアメニティなど。

 

2017年3月に、家族の結婚式のためハワイに行ってきました。

宿泊はモアナサーフライダーウェスティンリゾート&スパ

結婚式の会場は同ホテル内のモアナチャペルでした。

 

神田沙也加さんも先日同じ会場で結婚式を挙げたようで話題になりました。

ameblo.jp

 

 

この記事ではモアナサーフライダーウェスティンリゾート&スパの宿泊施設のアメニティなどについて書きたいと思います。 

海外旅行はできるだけ荷物少なめで行きたいですよね。

でも海外のホテルってアメニティの情報が少なくて、

私は「現地で何も買わなくても済むレベル」まで何から何まで持ちこんで、結果的に無駄な荷物が多かったー!ということになりました。。

 

私が旅行前に知りたかった情報を中心にまとめていきます。

これからご旅行される方が少しでも無駄な荷物をへらせますように。

 

 

 

 

f:id:monaca103:20170430220602j:plain

正面玄関。

歴史を感じる、重厚感のある建物。

でも入口に扉や自動ドアがなく、通りすがりの人でもさらーっと入れるような開放感もありました。

 

 

f:id:monaca103:20170430220708j:plain

どこを見ても絵になるエントランス。

車と人がひしめく大通りからこのホテルに入って、このエントランスをまっすぐに進むとすぐビーチ。目の前には青い空と青い海、白い砂浜。焼きたいだけ焼き、眠りたいだけ眠る人々。

大通りとビーチの世界が違い過ぎて、でもその距離はほんの数メートルで、このホテルのエントランスがふたつの世界をつなぐ変換機のように思えました。

 

 

f:id:monaca103:20170430220748j:plain

上から見た図。

 

 

お部屋はダイヤモンドウィングのダブルに泊まりました。

海側ではなかったです。

f:id:monaca103:20170430220829j:plain

f:id:monaca103:20170430220858j:plain

 

 

f:id:monaca103:20170430220924j:plain

お部屋の窓からの眺め。

向こう側のホテルのプールが見える。

 

 

f:id:monaca103:20170515151958j:plain

ヘヴンリーベッド、ほどよくふかふかで寝やすかったです。

枕は羽根のふわふわのものでした。

 

 

f:id:monaca103:20170515152031j:plain

シャワールームと洗面台。

シャワーのみで湯船はありませんでした。

洗面台はライトアップがありメイクがしやすかったです。

歯ブラシはありませんでしたので、日本から持っていくことをおすすめします!

 

 

f:id:monaca103:20170515152451j:plain

シャンプー、コンディショナー、ボディーローション、石鹸は毎日追加してくれます。

このホテルのスパの商品なので、高級な雰囲気漂う。

香りがさわやかで好きでした。

 

 

f:id:monaca103:20170515152052j:plain

トイレはウォシュレット付きでした。

海外だとウォシュレットないのかなーと思っていましたが、さすがウェスティン系列。

 

 

f:id:monaca103:20170515152119j:plain

スリッパお部屋にありました。

 

 

 

f:id:monaca103:20170515152139j:plain

ホテルの入口のすぐ横にローソンがあります。

水は一日一人500ml配布されるんですが、足りないときはここで買いました。

おにぎりも買えます。

毎日洋食だとさすがに後半はごはんが恋しくなりました。

 

 

 

おわりに

 

f:id:monaca103:20170515205211j:plain

 

ハワイで一番歴史のあるホテルとのことでしたが、

綺麗で清潔感があり、快適に過ごせました。

館内のどこをみても気品があり、ハワイっぽさとヨーロッパっぽさが融合したリゾートホテルだなあと思いました。

 

今回は、JTBのツアーで行ったのですが、

毎朝無料で朝食付き(パンやフルーツなど食べ放題)

で、これもかなり助かりました。

 

写真を見返してしみじみ、瀟洒なホテルだったなぁと。。

あなたも良き旅を~!

 

 

 関連記事

 

monaca103.hatenablog.com

 

 

 

旅行代金キャッシュバック!お得に旅行する方法

 

A8.net」に会員登録をして、「セルフバック」で旅行ツアーや飛行機、ホテルの予約をすると、料金の数%がキャッシュバックされます。

 

セルフバックとは?:アフィリエイトサイト(メディア)会員サポート:アフィリエイトのA8.net

 

A8.net」は会員数、広告主数ともに最大規模を誇るアフィリエイトサービス。

自分のブログがなくても会員登録できます。

セルフバックを行うだけでも十分お得です!

A8.net」は最大手のアフィリエイトサイトなので、安心感もあります。決して怪しいサイトではありません。

  

<セルフバックの例>

・JTBの海外旅行ツアー申込

→海外ツアー申込(10万円未満):1000円 キャッシュバック!

 海外ツアー申込(10万円以上):3000円 キャッシュバック!

 

・JALパック海外ツアー申込

→旅行代金の2% キャッシュバック!

 

・DeNAトラベル

→海外ツアー申込 通常1500円のところ、キャンペーン中は3500円 キャッシュバック!(キャンペーン期間:2017/07/01〜2017/08/31)   

 

※2017年7月時点での情報です。

 

 

セルフバックでお得に 旅行しちゃいましょう!

A8.netの申し込みページはこちら