もなかNIKKI

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【感想・読書メモ】手のひらの京(みやこ)(著:綿矢りさ) 内側から見た京都の物語

 

 

いろとりどりの京都。

 

 

 

 

 

本の概要

 

京都に住む三姉妹の物語。

長女の綾香は図書館勤務で、恋愛には奥手なタイプ。30歳を過ぎ結婚への焦りがある。

次女の羽衣(うい)は大手企業の一般職・新入社員。美人で、彼氏が途切れない恋多き女。嫉妬からトラブルを巻き起こしてしまうことがよくある。

三女の凛は理系の大学院生修士2年。色恋沙汰はいままで全くなし。綺麗なのに化粧っ気がないタイプ。研究に打ち込む傍ら、就職先のことで悩む。

 

まったく違うキャラクターの三姉妹。

それぞれの人生を歩みながらも、夜には両親も住む同じ家に帰り、ひとつ屋根の下で眠る。

3人の成長していく様子が、京都の風情あふれる街並みとともに描かれている。

 

 

感想など

 

京都というと、東京に住む私にとっては憧れの場所である。

整然とした大通りはかっこいいし、一本小道に入れば味のある渋くていいお店がひっそりと佇んでいて、おもしろい本屋も多い。

街中に突然現れるお寺も、漢字がずらりと並ぶ住所の表記もかっこいい。

そして、好きなミュージシャン・くるりの本拠地でもある。

そんなに頻繁に行くわけではないけれど、京都が好きな理由はいくらでもあるのだ。

 

そんなふうに「京都大好き~憧れ~」という気持ちを抱いていたけれど、

この小説を読んで、私が好きだ!と思っていたのはあくまで「外側から見た京都」だったのだと知った。

小説に描かれている「京都」には、京都のダークでビターな側面、閉鎖的な雰囲気や遠まわしな嫌味を言うねちねちした意地悪い人物なども出てきて、これがリアルな、住む人が知る京都なのだと気づかされた。

それを知って京都が嫌になる、ということは全くないのだけれど、観光として行くだけでは決して気づけない側面を知ることができたのは貴重だったと思う。

自分のなかの「京都」のイメージが、より深く、立体的になった。

 

もちろん、小説では京都の良き面も多々描かれている。

お祭りに行ったり、着物を着ておでかけしたり、「住職と合コンして~」みたいな話が出てきたり。

日本の家庭料理、四季折々の花などがこの小説の彩りとなっていて、鮮やかな情景が浮かぶ場面がたくさん描かれていた。

京都弁もかわいくって、東京人からするとかなり萌える。

「居ない」のことを「いーひん」って言うのとか。

 

魅力的な京都の雰囲気を文章で味わうだけでも楽しい読書体験だったが、

三姉妹の恋愛模様やそれぞれの生活の様子も「で、どうなるの・・・!?」と、どんどん読み進めたくなるものだった。

羽衣ちゃんの破天荒キャラが読んでいて一番面白く、すかっとした。

 

三姉妹のなかで一番羨ましがられやすいのは羽衣ちゃんだと思う。

けれど、彼女は彼女なりに苦労しているし、出る杭打たれる日本ではなかなか大変な生き方でもある。

逆に、長女の綾香はプロフィールだけ見ると普通で堅実な印象があるけれど、

彼女なりに淡々と楽しく生活しているように見えた。

終盤では良い恋をしているようでしたし!

 

見た目や、聞きかじりのプロフィールだけでは、その人を判断することなんてできない。

 

これは「地名」にも言えることだなと思って、

京都というと、もうとにかく良いイメージで脳内が埋め尽くされていたけれど、

実はそうでもない面もあるよ、とこの小説で知った。

逆に、マイナーな土地には「なにもない」というイメージを抱きがちだけれど、

まあ実際住んでみないとわからないよなと最近よく思う。

遊びに行くのに適した土地と、住むのに適した土地があるし。

実際、田舎でも「なにもない」ってことはない。

美味しい野菜や水があり、豊かな自然があり、物価が安いということも大いなる魅力だと思う。

 

よく知りもしないのに勝手にイメージを作り上げて、そう思い込むよりは、

知らないものに対してニュートラルな姿勢で向き合えるといいなと思う。

楽しい人ならどこへ住んでも楽しく暮らせると思うし。

 

人も土地も完全に理解することはできない。

内側を知っているのは自分だけだし、その土地に住む人だけだ。

この三姉妹同士だってお互いの事情をわかりあっている訳ではない。

詳しく話さないことだってある。

それでも、家族で他愛のない話をしたり、四季の行事を共にしているうちに、

なんとなく忘れて、癒されて、明るい気持ちになれたりするんだよね。

小説のなかの家族、三姉妹を見ていて、めんどくさいことも含めて家族は愛おしいなあと思った。

 

 

 

 

 

 綿矢りささんの他のおすすめ本

 

 

 

 

 

当ブログについて

 

 

 

もなかNIKKIを書いている人

 

 

もなか

 

・ぎりぎり昭和生まれ、生まれも育ちも東京・多摩地区の女性

・既婚。夫も生粋の多摩っ子

・本が好き

 

 

連絡先

 

monaca.momo☆gmail.com

 

☆を@に変えて下さい。

何かございましたら、こちらまでお願いいたします。

 

 

広告について

 

「もなかNIKKI」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

 

 

 

広告を非表示にする

【感想・読書メモ】「フィット・フォー・ライフ」は健康本の古典的名著だと思う。

グルテンフリー

 

 

衝撃の事実が次々と・・・!!

 

 

 

 

 

本の概要

 

健康哲学「ナチュラル・ハイジーン」の詳しい解説書。

500ページ超でボリュームたっぷり。

 

ナチュラル・ハイジーンとは

 

<目次>

第一部 生き物としての「人間の原則」

 ナチュラル・ハイジーンの解説。人間の体の仕組み、食べ物の正しい食べ合わせ、生野菜や果物をたくさん食べた方がよい、など。第一部がこの本のメイン。

 

第二部 豊かな人生を送るための「行動プログラム」

 第一部の内容の補足、実践編

 

第三部 「フィット・フォー・ライフ」のための四週間メニュー

 

第四部 特選レシピ一覧

 

第五部 日本の読者のみなさんへ

 訳者の松田麻美子さんによる特別寄稿。原書はアメリカのものなので、日本人に合わせた解説、レシピ、メッセージが書かれている。

 

 

感想、実践していることなど

 

ナチュラルハイジーンの原則は本書で3つ紹介されていて、

原則1→水分を多く含む食べ物を食べること

原則2→食べ物は正しく組み合わせて食べること

原則3→果物を正しく食べること

なんですが、

一番驚いたのは、原則2の食べ合わせの話。

 

人間の体は二つ以上の凝縮食品(訳者注:パン、米、肉、魚、乳製品など、果物、野菜以外の食品)を、胃の中で同時に消化するようには作られていない。

 

 

・・・・(衝撃すぎて言葉が出ない)

 

ということは、

ごはんと肉

チーズパン

ラーメンとチャーハン

ピザ

などは、消化にかなり負担だということ。

 こういう食事は重いなあ・・・と思うことはあったけれど、そんな原則があったとはつゆほども知りませんでした。

 

フィット・フォー・ライフ」で食べ合わせの原則を知って、平日の食事を以下のように変えました。

朝 フルーツ→ごはん(ごまやとろろこんぶなどのふりかけつき)

昼 フルーツ→野菜・ごはん(ナッツもたまに)

夕方のおやつ 好きなもの(ただし、いろいろな種類のものは食べない)

夜 野菜・肉or魚

 

食べる順番も重要なようで、フルーツは最初に、空腹の状態で食べるのがよいとのこと。

 

この食べ合わせにしてみて2週間ほど経過したのですが、

体が軽いような!?疲れにくいような!?

気がしています。

とりあえずいまはこの食べ合わせが良い感じなので続けてみようと思います。

 

 

monaca103.hatenablog.com

 

↑この記事を書いたときは、朝フルーツのみを実践していたけれど、夜も朝も炭水化物抜きはきついので、朝にごはんを食べることにしました。

 

平日は食べ合わせの法則を守って、土日や外食時はあまり気にせず食べたいものを食べるようにしています。

ナチュラルハイジーンは厳格に行おうとするともっといろいろ決まりがあるのですが、それはストイックすぎて私はできないーと思ったので、

食べ合わせの法則を平日は意識する、というぐらいがちょいどいい落としどころかなと。

 

 

おわりに

 

この「フィット・フォー・ライフ」は今まで読んだ健康本のなかで1、2位を争う衝撃を与えてくれました。

それだけ勉強になった、知れてよかった、という思いが強いということです。

読んでいるか、読んでいないかでは今後の人生がかなり違ってくるはず。

 

原書は1985年発行らしいので、もう30年以上も前の本なんだなぁ・・・

これからも読み継がれていく名著だと思います。

この記事では紹介しきれていない情報もたくさんあるので是非。

 

 

 

関連本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【映画メモ、感想】 (500)日のサマー 

映画

 

 

 

これはバッドエンドなのか、ハッピーエンドなのか・・・

 

 

 

 

 

映画の概要

 

一言で言うと、

小悪魔な女に翻弄され、あげくフラれてしまう男の物語。

 

 グリーティングカード会社のさえない会社員トムは、会社に新しく入ったサマーに一目ぼれしてしまう。

トムは一途で、真実の愛を探している。

サマーは奔放な性格で、愛などは信じていない。

 

二人が出会ってからの500日間を、トムの視点で描く。

時系列はバラバラで、場面は断片的だが、「あっという間に見終わってしまう」ようなテンポよく見られる構成になっている。

 

 

感想など

 

まず、思ったのがサマーがめちゃくちゃカワイイ!ということ。

黒髪前髪ぱっつんロングヘアーで、凛としたエキゾチックな魅力がある。

ファッションもお洒落で、そこに注目するだけでも見ていて楽しい映画だと思う。

こんな素敵な女性ならひとめぼれして、惑わされてしまうのも無理もない、とトムに同情したくなってしまった。

 

描き方によってはゲスになってしまいそうな内容だけど、

トムの切なさを想いながらも、重くなく、明るい気持ちで見続けられて、時間を感じさせないほどだった。

会話が軽やかでウィットに富んでいて、音楽も心地よく映画にフィットしていた。

 

映画の冒頭で「これは恋の物語ではない」と断言されるとおり、

ふたりがめでたく恋人になることはないけれど、

これはこれで、良い経験、青春の1ページだと感じられる映画だった。

そう思わせるのは、サマーに悪気がなく、思わせぶりでもなく、きっぱりと「好意はない」ことを示していたからだと思う。

思わせぶりな女に騙された!という内容だったら、もっと後味が悪そう。

太陽のように光輝き、かと思ったら嵐のように去っていく。

魔性の女とはこのような人のことを言うのだと思った。

 

この映画で一番好きなのは、最後のシーン。

思わずくすっと笑ってしまったし、なんとうまくまとまった最後!と思った。

この最後のシーンにより、いままでのことが良い経験、と思わせられた気がするし、

うまくいかなくても、これはこれでハッピーエンドだという気もした。

 

 

 

 Amazonプライム会員の方は、プライムビデオで無料で見られます!

 

 

 

 

作ってよかったクレジットカード→Amazon、リクルート、イオン、ルミネ

お得な情報

 

 

 作って、使ってみて、本当にお得だと感じたクレジットカード4選。

 

 

 

 

 

 

Amazon MasterCard

 

f:id:monaca103:20170202112434p:plain

 

amzn.to

 

<goodポイント>

  • Amazonでのお買いものは、Amazonプライム会員ならポイント還元率2%! (プライム会員でないと1.5%)
  • Amazon以外のお買いものでも1%ポイントがつく
  • 初年度年会費無料。翌年度以降も、前年度に1回以上カード利用をすれば年会費無料。=Amazonユーザーであればずっと年会費無料

 

 

私はAmazonヘビーユーザーなので、このカードをメインカードとして使っています。

年会費無料でポイント2%はうれしい!

 

 

 

リクルートカード

 

 

リクルートカード

 

<goodポイント>

 

 

なんといってもポイント還元率の高さが魅力です。

税金の支払いでもポイントがたまるのは割と最近知ったのですが、もっと早く知っておきたかった!

リクルートカードを持っていると、ポンパレモールでよく10%オフのクーポンがもらえたり、キャンペーンに参加できたりします。

 

【過去記事】ポンパレモールは20日がお得です↓

monaca103.hatenablog.com

 

 

 

 

 

イオンカードセレクト

 

 

イオンカードセレクト

 

 

<goodポイント>

  • イオンカードセレクトを持っていると、イオン銀行普通預金金利が0.12%!
  • 毎月20日、30日はイオンでのお買い物が5%オフ
  • 年会費無料

 

 

普通預金金利が0.12%は、相当な高金利!!

イオンでは20日、30日以外にも色々と特典があるので、イオンをよく利用する人にはかなりお得なカードだと思います。

 

 

 

ルミネカード

 

f:id:monaca103:20170202112301p:plain

 

www.lumine.ne.jp

 

<goodポイント>

  • ルミネでのお買いものはいつも5%オフ!
  • 年に数回10%オフの期間がある
  • SuicaへのクレジットオートチャージでもJRのサンクスビューポイントがたまる→ルミネの商品券などへ交換できる
  •  「ONE LUMINE」というアプリでクレジットカード連携すると、アプリでのマイルもたまる。マイルがたまればクーポン券ゲット。マイルとは関係なく、500円クーポン券が発行されることも。
ルミネ

ルミネ

  • LUMINE CO., LTD
  • ライフスタイル
  • 無料

 

洋服や靴だけでなく、本や食料品まで5%オフ、時に10%オフになるのは大きいです!

年会費は初年度無料で、2年目以降は953円(税抜)かかってしまうけれど、それを差し引いても十分お得かと思います。

 

 

おわりに

 

 いまの時代、ポイントカードや電子マネーで、だいたいのお会計は1%還元ぐらいでできるな~という実感があるのですが、

それ以上にポイントがついたりお得になるクレジットカードであれば、作ってよかったなぁと思います。

 

 

 

 

【読書メモ、感想】おとなになるってどんなこと?(著:吉本ばなな)

 

 

最近また、よしもとばななさんにハマり始めました。

 

 

 

 

本の概要

 

中高生など、若い人向けに書かれた生き方指南の書。

「勉強しなくちゃダメ?」「友だちって何?」「普通ってどういうこと?」

という、簡単に答えが出なさそうな問いへの、ばななさんの見解が書かれている。

文字数が少ないので、1時間かからないくらいで読める分量。

 

感想など

 

平易なやわらかい言葉で綴られていて、一見わかりやすそうな本書。

しかし内容は濃く、物事の本質の首根っこをぐっとつかんでいる。

難しいことをやさしい言葉で描けるのが文学だとしたら、この新書は文学。

さらーっと読んでいると、じっくり立ち止まってもう一度読みたくなるような文章に何度も出会う。

 

私がもっと若い時、学生だった頃にこの本を読んでいたら、救われたと感じるだろうな。

昔の自分に手渡してあげたいと思うような一冊。

 

大人になったいま読むと、癒される。

自分の選択がこれでよかったかは誰も教えてくれないけれど、ばななさんに大丈夫だよと言ってもらえたような気がする。

 

特に癒された一節↓

 自分の得意な世界しか知らないと、悩み事があっても、他の角度から見ることができなくなってしまいます。そうするとだんだん、得意なことが先細りになっていって、せっかくの才能がものすごくもったいないなと、最近、私はいろんな人を見ていて思うんです。

 

 なるべく小さいうち、若いうちに万遍なくいろんなことをやっておいて、苦手なこともやってみて人にとことん笑われるとか、好きだけど向いてないとか、そういうことをいっぱい経験しておくことも大切だと思います。

 そうすると大人になってから、本業のほうも上手くいくようになるでしょう。

 

 

大人が読んでも新たな気づきがたくさんある本。

装丁のくすんだ色合いや繊細な筆遣いの絵も好みでした。

 

【感想・書評】下北沢について(著:吉本ばなな)

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BPqmbHBhmhQ/

【下北沢について 吉本ばなな】#本 #book #bookstagram #エッセイ #吉本ばなな #下北沢

 

本の概要

 

よしもとばななさんのエッセイ集。

下北沢にある本屋「B&B」発行の小冊子「下北沢について」をまとめ、書下ろしを追加したものです。

 

主に、ばななさんが下北沢に住んでいた頃のことが語られています。

 

 

感想など

 

よしもとばななさんの小説やエッセイはいままで何冊も読んできましたが、

読むたびに、ばななさんのエッセイは、ばななさんの小説のようであるし、

小説は現実の生温かさがあるエッセイのように感じます。

ばななさんの生きている世界が、小説の世界観なんだと。

あたたかみがあり、ときにクールに生きていくこの世界観が、好きです。

 

 

「下北沢について」では、とても個人的な出来事も描いてくださっていて、

ばななさんは下北沢でほんとうに濃い人間関係があったんだなあと。

つらい気持ちを癒してくれる存在。

困っているときに手を差し伸べてくれる人。

楽しい時間を共有した仲間。

人との関係が豊かで、読んでいるこちらまであたたかな気持ちになれました。

 

 

気に入った一節は、

ウルトラマン仮面ライダー」の

 

とことん相手に合わせてみたり、ゆずってみたり、無為な時間と思われる時間を過ごしてみることでしか、思い出の塊はできないように思う。

今、あの日々を思い出すとあまりにも濃くて美しい塊になっているから、びっくりする。

私が私の好きなことだけをどんなにがんばって追いかけていて、たぶんこんな塊にはならないだろうと思う。

そしてその塊があるからこそ、今、まだ自分の人生に残されている自分のことをする時間がこんなにもありがたく嬉しいのだろう。

 

しみる・・・

ほんとに、人に合わせることで思い出が濃くなっていきますよね。

そして自分に合わせてもらう、人に合せる、のバランスがときに難しい。

心に留めておきたい一節です。

 

 

おわりに

 

目的がなくても歩いて楽しく、ありのままの姿を受け入れてくれる下北沢の街は、

ばななさんの文章のようだと思いました。

 

多くの気づきがあり、文章を味わうことで癒されていくような素敵なエッセイ集でした。

装丁もとてもカワイイ。

 

 

 2月にエッセイが出るようです↓