私大文系受験生におすすめしたい参考書【英語、古文、世界史】

 

 

 

 

 

先週末はセンター試験だったようですね。

これから本格的に受験シーズン到来!

ということで、大学受験で役に立った参考書について書いてみたいと思います。

 

 

およそ10年前、

私は進学校に通う、成績は中~下ぐらいの高校生だったのですが、

なんとか現役で某SOPHIA大学に合格することができました。

早慶は落ちましたがw

 

高校時代まじめにこつこつ勉強していたわけではなく、

高校3年生から急にエンジンかけて滑り込みセーフをした訳ですが、

現役合格できたのは素晴らしい塾の先生のおかげ、ためになる参考書のおかげだと思っています。

 

なにせ時間がありませんでしたし、

とにかく効率的に!そして楽しく!勉強したいと考えていたので、

ネットで塾の先生の評判を調べまくりました。

そして受けた講義のなんと素晴らしいこと!

 

塾の先生の巧みな話術に引き込まれ、圧倒的にわかりやすい説明にほれぼれし、板書を自分のノートに写してうっとり。

あぁ、こんなに面白い勉強法があったんだーと、気づかせてくれた河合塾に感謝です。

もっと早くから頑張ってればよかったな!

 

10年前に習った先生方をネットで調べてみたら、

今もみなさんお元気でご活躍なさっているようで嬉しかったです。

私が受験したときはまだ出版されていなかった参考書もいまはあるようで、いまの受験生がうらやましいな~と思ったりしました。

Amazon studentも、私の学生時代にほしかったよ・・・

 

そんなわけで!

おすすめ講師&参考書をご紹介します。

 

 

 英語 早川勝己先生

 

早川先生の授業は、何百人も聴講生がいる大教室で行われていましたが、

心の中でぼーっとしていたら見透かされるんじゃないか、と 思うような緊張感がありました。

授業はとてもわかりやすく、私は早川先生に出会ってはじめて難しい私大文系の長文問題にも向かっていける!と思ったほどです。

 

私大文系は特に英語は配点が高いので、がっちり得点して優位になりたいもの。

早川先生についていってまじめに取り組んでいれば、英語が好きになるしテストでも点がとれるようになるはずです。

 

 

 

 

古文 村山孝志先生

 

とにかくカッコイイ、渋い大人の魅力あふれる村山先生。

当時は知らなかったのですが、元オリジナル・ラブというバンドのメンバーだったとか!?

数年前にハナレグミのカバーアルバムだれそかれそオリジナル・ラブの曲聴いていいなーって思っていたりしたので驚愕でした。

 

村山先生の授業を受けて、古文の問題は感覚ではなく論理的に解けるものだと実感できました。

自分ひとりで問題に向き合っているときは「うーむ…」という感じだった古文が、授業ですっきり。

古文、漢文は苦手意識があったけれど、村山先生のおかげでかなりわかるようになったと思います!

 

 

村山先生の出している参考書はないようです…

河合塾の講義とテキストでも十分ですが、それプラス古文を勉強したい人にはこちらがおすすめ↓

 

世界史 神余秀樹先生

 

とにかく板書が神すぎます。

神余先生のプリントやまとめを見て「世界が…つながった…!」と思ったことが何度もありました。

複雑な各国の世界の歴史も、神余先生にかかればタテにヨコにとバチっと噛み合います。

1年コツコツ授業ノートを作っていくと、宝物にしたいノートができます。

先生のおかげで世界史が得点源になり、センターは1問ミスぐらいでできました。

 

 

お話も面白く、毎度授業を受けるのが楽しみでした。

 

 

 

おわりに

 

いい先生がいると楽しく効率的に受験勉強ができます。

がんばるのは自分ですが、心強いサポーターがいることで合格に近づくことは間違いなし!

ぜひ自分にあった勉強法や先生を見つけて楽しい受験ライフを♪