【映画メモ、感想】 (500)日のサマー 

 

 

 

これはバッドエンドなのか、ハッピーエンドなのか・・・

 

 

 

 

 

映画の概要

 

一言で言うと、

小悪魔な女に翻弄され、あげくフラれてしまう男の物語。

 

 グリーティングカード会社のさえない会社員トムは、会社に新しく入ったサマーに一目ぼれしてしまう。

トムは一途で、真実の愛を探している。

サマーは奔放な性格で、愛などは信じていない。

 

二人が出会ってからの500日間を、トムの視点で描く。

時系列はバラバラで、場面は断片的だが、「あっという間に見終わってしまう」ようなテンポよく見られる構成になっている。

 

 

感想など

 

まず、思ったのがサマーがめちゃくちゃカワイイ!ということ。

黒髪前髪ぱっつんロングヘアーで、凛としたエキゾチックな魅力がある。

ファッションもお洒落で、そこに注目するだけでも見ていて楽しい映画だと思う。

こんな素敵な女性ならひとめぼれして、惑わされてしまうのも無理もない、とトムに同情したくなってしまった。

 

描き方によってはゲスになってしまいそうな内容だけど、

トムの切なさを想いながらも、重くなく、明るい気持ちで見続けられて、時間を感じさせないほどだった。

会話が軽やかでウィットに富んでいて、音楽も心地よく映画にフィットしていた。

 

映画の冒頭で「これは恋の物語ではない」と断言されるとおり、

ふたりがめでたく恋人になることはないけれど、

これはこれで、良い経験、青春の1ページだと感じられる映画だった。

そう思わせるのは、サマーに悪気がなく、思わせぶりでもなく、きっぱりと「好意はない」ことを示していたからだと思う。

思わせぶりな女に騙された!という内容だったら、もっと後味が悪そう。

太陽のように光輝き、かと思ったら嵐のように去っていく。

魔性の女とはこのような人のことを言うのだと思った。

 

この映画で一番好きなのは、最後のシーン。

思わずくすっと笑ってしまったし、なんとうまくまとまった最後!と思った。

この最後のシーンにより、いままでのことが良い経験、と思わせられた気がするし、

うまくいかなくても、これはこれでハッピーエンドだという気もした。

 

 

 

 Amazonプライム会員の方は、プライムビデオで無料で見られます!