もなかNIKKI

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【感想・読書メモ】一流の人をつくる整える習慣(著:小林弘幸)

暮らし

 

 

小林弘幸先生の本のなかで個人的には一番です。

 

 

 

 

 

 

 

本の概要

 

自律神経についての本を多数出版なさっている小林弘幸先生の本。

自律神経を整え、よいコンディションを保つための方法が80個紹介されている。

読みやすいので、一時間かからないで読み終えられるくらいの分量。

 

 

感想など

 

日々、健康になる方法を研究して実践しているんですが、

ここ数か月で矯正歯科以外の病院に行っていない・・・!

ということに気づいた。

過去記事参照↓

 

monaca103.hatenablog.com

 

 

monaca103.hatenablog.com

 

風邪っぽくて熱が38度まで上がっても、一晩寝れば翌朝にはすっきりしていたし。

不調が続いていた1~2年前と比べると、明らかに免疫力が上がり健康になっている!

ふつうに元気だと思っていた学生時代よりも、いまのほうが調子いいかもしれない。

 

まあそんな感じで、元気にはなったけど、健康や人体の仕組みについて勉強するのは楽しいのでこれからも続けていきます。

来月試験の健康管理能力検定の勉強もしてる。

 

 

小林先生の本はいままでいくつか読んできて、本当にためになったのですが、

私的にはこの本が現時点でベストです!

 

特に勉強になったな~気を付けて生活してみたいな~と思った項目↓

・天気の悪い日は明るい色のネクタイ(女性なら明るい色の洋服)

・金曜の夜に「来週必要なモノ」を揃えておく

・移動時間にも習慣をつくる

・人の評価は口にしない

・一杯の水が体調を取り戻す

・「感謝」ほど自律神経が整うものはない

 

 

「一杯の水が体調を取り戻す」にも書いてあったけど、

水ってほんとに大事。

ミネラルウォーター買って1日1リットル~1.5リットルほどをこまめに飲むようになってから、更に調子が良い気がする。

 

 

 ↑Amazonプライベートブランドで、安くておいしい。

 

 

おわりに

 

ちょっと生活習慣を変えるだけで、日々の不調は驚くほどなくなります。

この本には気軽に実践できる、ためになる情報がたくさん載っているので、

健康状態に気になる点がある人はぜひ!