もなかNIKKI

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイの老舗ホテル、モアナサーフライダーウェスティンリゾート&スパのアメニティなど。

 

2017年3月に、家族の結婚式のためハワイに行ってきました。

宿泊はモアナサーフライダーウェスティンリゾート&スパ

結婚式の会場は同ホテル内のモアナチャペルでした。

 

神田沙也加さんも先日同じ会場で結婚式を挙げたようで話題になりました。

ameblo.jp

 

 

この記事ではモアナサーフライダーウェスティンリゾート&スパの宿泊施設のアメニティなどについて書きたいと思います。 

海外旅行はできるだけ荷物少なめで行きたいですよね。

でも海外のホテルってアメニティの情報が少なくて、

私は「現地で何も買わなくても済むレベル」まで何から何まで持ちこんで、結果的に無駄な荷物が多かったー!ということになりました。。

 

私が旅行前に知りたかった情報を中心にまとめていきます。

これからご旅行される方が少しでも無駄な荷物をへらせますように。

 

 

 

 

f:id:monaca103:20170430220602j:plain

正面玄関。

歴史を感じる、重厚感のある建物。

でも入口に扉や自動ドアがなく、通りすがりの人でもさらーっと入れるような開放感もありました。

 

 

f:id:monaca103:20170430220708j:plain

どこを見ても絵になるエントランス。

車と人がひしめく大通りからこのホテルに入って、このエントランスをまっすぐに進むとすぐビーチ。目の前には青い空と青い海、白い砂浜。焼きたいだけ焼き、眠りたいだけ眠る人々。

大通りとビーチの世界が違い過ぎて、でもその距離はほんの数メートルで、このホテルのエントランスがふたつの世界をつなぐ変換機のように思えました。

 

 

f:id:monaca103:20170430220748j:plain

上から見た図。

 

 

お部屋はダイヤモンドウィングのダブルに泊まりました。

海側ではなかったです。

f:id:monaca103:20170430220829j:plain

f:id:monaca103:20170430220858j:plain

 

 

f:id:monaca103:20170430220924j:plain

お部屋の窓からの眺め。

向こう側のホテルのプールが見える。

 

 

f:id:monaca103:20170515151958j:plain

ヘヴンリーベッド、ほどよくふかふかで寝やすかったです。

枕は羽根のふわふわのものでした。

 

 

f:id:monaca103:20170515152031j:plain

シャワールームと洗面台。

シャワーのみで湯船はありませんでした。

洗面台はライトアップがありメイクがしやすかったです。

歯ブラシはありませんでしたので、日本から持っていくことをおすすめします!

 

 

f:id:monaca103:20170515152451j:plain

シャンプー、コンディショナー、ボディーローション、石鹸は毎日追加してくれます。

このホテルのスパの商品なので、高級な雰囲気漂う。

香りがさわやかで好きでした。

 

 

f:id:monaca103:20170515152052j:plain

トイレはウォシュレット付きでした。

海外だとウォシュレットないのかなーと思っていましたが、さすがウェスティン系列。

 

 

f:id:monaca103:20170515152119j:plain

スリッパお部屋にありました。

 

 

 

f:id:monaca103:20170515152139j:plain

ホテルの入口のすぐ横にローソンがあります。

水は一日一人500ml配布されるんですが、足りないときはここで買いました。

おにぎりも買えます。

毎日洋食だとさすがに後半はごはんが恋しくなりました。

 

 

 

おわりに

 

f:id:monaca103:20170515205211j:plain

 

ハワイで一番歴史のあるホテルとのことでしたが、

綺麗で清潔感があり、快適に過ごせました。

館内のどこをみても気品があり、ハワイっぽさとヨーロッパっぽさが融合したリゾートホテルだなあと思いました。

 

今回は、JTBのツアーで行ったのですが、

毎朝無料で朝食付き(パンやフルーツなど食べ放題)

で、これもかなり助かりました。

 

写真を見返してしみじみ、瀟洒なホテルだったなぁと。。

皆様も良き旅を~!

 

 

 関連記事

 

monaca103.hatenablog.com