ストレス解消としての図書館

今日はお買い物でも行こうかな〜と思い身支度したのですが、台風並に暴風雨になってしまったので外出は断念しました。

もうちょっと雨がひどくなければ図書館も行きたかったんだけどな。

 

図書館って、ストレス解消にすごくいいってことに最近気づきました。

まず本に囲まれている空間ってだけで気分が上がるし。

世界の偉人たちが自分の味方になってくれているような安心感。

 図書館に入った瞬間から、いやだったことやもやもやしていることが頭からなくなっていきます。

「こんにちはー」って明るく挨拶をしてくれる司書さんに会うだけでも気持ちがしゃんとする。

 

たくさんの本のタイトルを見ていると、私の悩みなんてちっぽけだなーと思えてくるんですよね。

それに、「こんなにたくさん読みたい本がある!」と思うと、もう悩んでいる時間すらもったいないという気になってきます。

 

図書館の何がいいって、どれだけ本を借りてもお金がかからないところ。

ストレス解消に買い物をするのもいいのですが、勢いに任せて買い物をしてしまうときはだいたい冷静な判断ができません。

買ってるときは高揚感に溢れているけれど、あとで買ったものを見て「なんでこれ買ったんだろう?」と疑問に思うこともしばしばでした。

で、使ってしまった金額を考えてまた後悔したりする。負のループですね。。

 

図書館で本のドカ借りをしても、持って帰るのが重いというくらいで、それ以外のダメージはありません。

冷静になると「なんでこんな本借りたんだろう?」という本があっても、後日返却すればよいだけで。

無駄な消費をしなくて済むし、思いのままに借りたいだけ借りることができて、本当に助かっています。

 

読みきれないほどの本を借りてしまうときはストレス溜まってるんだなーというバロメーターにもなります。

もちろんストレス溜まってないときも、大変ありがたく活用させていただいていますよ。

ただ、元気な時も、そうでない時もいつも変わらず受け入れてくれる図書館の懐の深さに感謝したくなるのです。

 

 

最後に、すてきな図書館の写真集のご紹介↓